東北大学 田所・大野・竹内/昆陽研究室メッセージ

当研究室では,災害対応のためのロボットやシステム,人間との情報伝達技術を中心とした研究を進めています.RT(ロボットテクノロジーと各分野の融合)を活用し,安全で安心して暮らせる豊かな社会の実現に貢献することが,その研究の目的です.

東北大学 田所・大野・竹内/昆陽研究室ニュース
2016.09.27 論文・学会発表 9月14日(水)から16日(金)にかけてつくば国際会議場にて行われた第21回 日本バーチャルリアリティ学会大会(20周年記念大会)中で開催された,IVRC 2016(International collegiate Virtual Reality Contest:国際学生対抗バーチャルリアリティコン
[タグ] 触覚   詳細はこちら
2016.09.27 論文・学会発表 9月14日(水)から16日(金)にかけて,つくば国際会議場にて行われた第21回 日本バーチャルリアリティ学会大会(20周年記念大会)において,当研究室の永野助教が「触感通信に向けた多次元空間での触感評価」というタイトルで発表を行いました.
[タグ] 触覚   詳細はこちら
2016.09.23 お知らせ 9月12日(月)、大野准教授、岡田助教、濱田研究員、田所研究室学生が埼玉県議会「危機管理・大規模災害対策特別委員会」様にQuince、ASC、球殻ヘリ、サイバー救助犬のデモンストレーションを行いました。
[タグ] レスキューロボット 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ サイバー救助犬   詳細はこちら
2016.09.20 論文・学会発表 9月7~9日に山形大学で開催された,第34回日本ロボット学会学術講演会にて,当研究室の小松(特任助教),安部(産学官連携研究員)濱田(産学官連携研究員),山本,神尾、高根、藤田,竹ノ内、野村が発表しました. オープンフォーラム OF11:このロボットがすごい2016にて,大野准教授が「サイバー救助
[タグ] レスキューロボット 触覚 能動スコープカメラ サイバー救助犬 Vib-Touch ImPACT メカニズム   詳細はこちら
2016.09.12 受賞関連 Dennis Babu (D2) がICIRA2016で発表した,「Can Haptic Feedback Improve Gesture Recognition in 3D Handwriting Systems?」に対して,ICIRA2016 Best Student Paper Awardを受
[タグ] 触覚 Vib-Touch   詳細はこちら
2016.08.05 論文・学会発表 8月4日、SICE SI部門ロボットマニピュレーションに関する技術調査研究会にて昆陽准教授が「皮膚で感じる道具の知覚」に関する講演を行いました(金沢大学サテライトプラザ、金沢市)。
[タグ] 触覚   詳細はこちら
2016.08.04 論文・学会発表 8月3日に行われました、「第100回記念 強いロボット~災害現場で活躍するロボットと基盤技術~ 」と題した日本ロボット学会のセミナーにおいて、下記時間、題目、内容で田所教授、多田隈准教授が講演を行いました。 ・10:40-11:55 第1話 極限災害環境で活躍するタフなロボット~災害ロボットの
[タグ] レスキューロボット   詳細はこちら
2016.08.03 お知らせ 7月27,28日に東北大学オープンキャンパスが開催されました. 多くの方々のご来場,誠にありがとうございました.
[タグ]   詳細はこちら
2016.08.03 論文・学会発表 8月2日、精密工学会の定例研究会にて大野准教授が以下の時間、題目で講演を行いました。 11:00−11:40 ロボット技術を用いた災害現場や老朽インフラの情報収集 講演会プログラム:http://srm3d.jspe.or.jp/meeting.html
[タグ] レスキューロボット 飛行ロボット   詳細はこちら
2016.07.29 報道関係 下記の日程、番組で田所教授のインタビュー、サイバー救助犬の内容が放送されました。7月28日(木)午後6時15分~ KHB「スーパーJチャンネルみやぎ」内にて 特集「はたらくロボット」 http://www.khb-tv.co.jp/s010/index.html
[タグ] サイバー救助犬   詳細はこちら