Cyber Enhanced Canine

Search and rescue (SAR) dogs perform well in finding victims within 72h in disaster sites. The SAR dogs can tell us the location of victims by continuous barks. However, it is not sufficient for triage, which requires not only the location but also the victims' number, their states, and circumstance. Handlers have to memorize the dogs' activities and covey the information to other staff by verbal communication and hand-written memorandum. In this research, we propose a method of recording and visualizing the SAR dogs' activities by using robot technologies. These data can prove the efficiency of the SAR dogs' investigation.

Wearable Devices for Recording SAR Dogs

We developed recording suits for large and middle size (15-30kg)  dogs. They are so light (less than 10% of the dogs' weight) that the SAR dogs can wear over an hour. The suits were equipped with GPS, camera, and Inertial Measurement Unit (IMU). Handlers can confirm the video streams and dogs' positions by remote devices.

Evaluation with Japan Rescue Dog Association (JRDA)

The SAR dogs' recording suits have been evaluated in collaboration with Japan Rescue Dog Association (JRDA). The suits' weight and camera position were decided from the discussion with JRDA.

* Yuichi Komori, Takuaki Fujieda, Kazunori Ohno, Takahiro Suzuki, Satoshi Tadokoro, "Detection of Continuous Barking Actions from Search and Rescue Dogs' Activities Data", International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 630--635, 2015.

Trajectory Estimation Using Dogs’ Gait

GPS often fail to measure SAR dog’s trajectory near buildings and in forests. Therefore, sensor fusion technique is used to estimate continuous trajectory. The continuous trajectory can be estimated by using characteristics of dog's gaits. Extended kalman filter was used for fusion of GPS and IMU data based on the gaits.

* Naoki Sakaguhi, Kazunori Ohno, Eijiro Takeuchi, Satoshi Tadokoro, "Precise Velocity Estimation for Dog using Its Gait", The 9th International Conference on Field and Service Robotics, 2013.

Related News

2018.02.16 サイバー救助犬 TV放送 テレビ番組「EARTH Lab」に当研究室の大野和則准教授とサイバー救助犬が登場します.                                                       
[Tags]レスキューロボット サイバー救助犬 ImPACT 詳細はこちら
2018.02.16 平成29年7月九州北部豪雨 感謝状 受彰 当研究室の田所諭教授が「平成29年7月九州北部豪雨 感謝状」を受彰しました.                                                             
[Tags]レスキューロボット ImPACT 詳細はこちら
2018.02.06 ガリレオXで放送 ガリレオXで,当研究室のグリッパ機構が放送されました.                                                                      
[Tags]レスキューロボット メカニズム 詳細はこちら
2018.02.02 サイエンスアゴラin福岡~このロボットがすごい!~ 出展予定 当研究室の多田隈健二郎准教授の研究グループが,2月3日-4日に開催される「サイエンスアゴラin福岡 このロボットがすごい!」に出展します.                              
[Tags]レスキューロボット メカニズム 詳細はこちら
2018.01.25 IDW'17受賞 2017年12月6日-8日に仙台国際センターで開催されたIDW'17にて,当研究室のDennis BabuとDaniel Marcell Gongora FloresがIDW '17 Best Pap
[Tags]触覚 詳細はこちら
2018.01.09 多田隈准教授が新聞報道されました 当研究室の多田隈健二郎准教授が,2017iREX Daily,日経産業新聞で報道されました.                                                     
[Tags]レスキューロボット ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2018.01.09 一次元ジャミング転移 報道 当研究室の多田隈准教授らが開発した機構,「一次元ジャミング転移」について日刊工業新聞に掲載されました.                                                
[Tags]メカニズム 詳細はこちら
2018.01.06 SI2017で発表を行いました 2017年12月20-22日に仙台国際センターで開催されたSI2017にて,発表を行いました.                                                    
[Tags]レスキューロボット 触覚 Quince 能動スコープカメラ サイバー救助犬 電気自動車 運動サポート ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2018.01.06 第13回競基弘賞 2017年レスキュー工学奨励賞 2017年12月20-22日に仙台国際センターで開催されたSI2017にて,第13回競基弘賞 2017年レスキュー工学奨励賞を当研究室の藤田政宏が受賞,高根英里,山口峻平がファイナリストに選出されまし
[Tags]レスキューロボット サイバー救助犬 ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2018.01.06 計測自動制御学会東北支部 優秀発表奨励賞受賞 2017年11月24日に日本大学工学部ハットNEで開催された第312回計測自動制御学会東北支部研究集会にて当研究室の藤本彰敏が計測自動制御学会東北支部 優秀発表奨励賞を受賞しました.        
[Tags]メカニズム 詳細はこちら
2018.01.06 ソフトマテリアル応用部会主催研究会にて講演 2017年12月19日に東北大学で開催されたソフトマテリアル応用部会主催研究会にて当研究室の昆陽准教授が講演「極限環境で活動する柔軟索状ロボットのアクチュエーション」を行いました.
[Tags] 詳細はこちら
2018.01.04 SII2017発表 12月11-14日に台湾で行われた国際学会SII2017にて当研究室が発表を行いました. 発表者と発表題目は以下の通りです.                                    
[Tags]レスキューロボット 触覚 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ メカニズム 詳細はこちら
2017.12.20 12月9日に東北大学で開催された計測自動制御学会 東北支部 第313回研究集会にて,当研究室の清水(B3)が発表しました. 発表題目は以下の通りです. 清水 杜織,『磁気復元力生成により
[Tags]メカニズム 詳細はこちら
2017.12.20 12月9日に東北大学で開催された計測自動制御学会 東北支部 第313回研究集会にて,当研究室の清水(B3)が研究発表奨励賞を受賞しました.
[Tags]メカニズム 詳細はこちら
2017.12.06 サイバー救助犬 国際ロボット展報道 国際ロボット展での展示についてサイバー救助犬が日経テクノロジーオンラインにて報道されました.                                                     
[Tags] 詳細はこちら
2017.12.04 国際ロボット展出展 2017国際ロボット展において当研究室が展示を行いました.                                                                      
[Tags]レスキューロボット 触覚 Quince 能動スコープカメラ サイバー救助犬 ImPACT 詳細はこちら
2017.11.29 ImPACT 全天候型ドローン 当研究室田所教授主導の内閣府プロジェクト「革新的研究開発プログラム(ImPACT)」で開発された,全天候型ドローンについての記事が日本経済新聞に掲載されました.                   
[Tags]レスキューロボット ImPACT 詳細はこちら
2017.11.29 仙台市 防災産業展出展 11月26,27日に仙台市国際センターにて行われた防災産業展において当研究室が展示を行い,関連する記事が河北新報に掲載されました.                                  
[Tags]レスキューロボット 触覚 能動スコープカメラ サイバー救助犬 ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2017.11.27 レスキュードローン 当研究室の田所教授,大野准教授,岡田助教が関係する,ドローンを活用した山岳遭難者捜索支援システムの共同研究につきまして,神戸新聞に掲載されました.                          
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 詳細はこちら
2017.11.21 田所教授 SSRR2017でBest Late Breaking Report Awardを受賞 当研究室の田所教授が,SSRR2017での発表論文でBest Late Breaking Report Awardを受賞しました.                                  
[Tags]レスキューロボット 詳細はこちら
2017.11.21 IVRC2017決勝大会 コロプラ賞受賞 当研究室のチーム「コーヒーカップ愛好会」で開発した「Shall we コーヒーカップ?」が, IVRC2017決勝大会にて,コロプラ賞を受賞しました.                       
[Tags]触覚 詳細はこちら
2017.11.21 Omni-Crawler実用化について報道がありました 当研究室の多田隈健二郎准教授が研究開発を行った「Omni-Crawler」の実用化について報道がありました.                                             
[Tags]メカニズム 詳細はこちら
2017.11.14 ImPACT 第5回公開フィールド評価会 2017年11月10日,11日に東北大学青葉山キャンパスにて,ImPACT 第5回公開フィールド評価会が行われました. http://www.jst.go.jp/impact/sympo/trc5/
[Tags]触覚 能動スコープカメラ サイバー救助犬 ImPACT 詳細はこちら
2017.11.13 サイバー救助犬 プレスリリース・報道 11月1日にサイバー救助犬に関するプレスリリースが行われました. 災害救助犬の活性度(情動)を遠隔モニタリングする技術を開発: サイバースーツに搭載し、サイバー救助犬による被災者捜索活動を支援
[Tags]レスキューロボット サイバー救助犬 ImPACT 詳細はこちら
2017.10.30 次世代移動体システム実証デモ 10月25日に泉区パークタウンで次世代移動体システムの実証実験が行われ,その様子が河北新報,日経新聞,読売新聞に掲載されました. 日経新聞『仙台の産官学、住宅地で自動運転の実証実験 』
[Tags]次世代移動体 環境認識 電気自動車 詳細はこちら
2017.10.26 IEEE CBS発表 IEEE CBS 2017において,当研究室の濱田助教が発表しました. IEEE CBS 2017(2017 IEEE International Conference on Cyborg
[Tags]サイバー救助犬 ImPACT 詳細はこちら
2017.10.25 新聞にOmniCrawlerが掲載されました. 当研究室の多田隈建二郎准教授の研究成果であるOmniCrawlerを実用化したロボットに関する記事が掲載されました. 以下に掲載された新聞とリンクを掲載します. 10月10日(火) 日本経済新聞W
[Tags]次世代移動体 メカニズム 詳細はこちら
2017.10.25 第12回秋休み科学子供キャンパスロボット製作教室 当研究室の小松洋音特任助教が10月10日(火)に開催された第12回秋休み科学子供キャンパスでロボット製作教室を開きました.
[Tags]メカニズム 詳細はこちら
2017.10.25 NEDO次世代ロボット中核技術開発プロジェクトの展示会にて展示 10月5日(木),10月6日(金)に幕張メッセにて行われたNEDO次世代ロボット中核技術開発プロジェクトの展示会にて当研究室の機構関連の展示を行いました.
[Tags]メカニズム 詳細はこちら
2017.10.18 VRSJ2017にて発表 2017年9月27日(水) -29日(金)に徳島大学工学部 常三島キャンパスで開催されたVRSJ2017(第22回 日本バーチャルリアリティ学会大会)にて,当研究室永野光(特任助教),Daniel G
[Tags]触覚 詳細はこちら