飛行ロボットによる災害・インフラ調査

地上移動ロボットでは走破できない大きな障害物がある被災環境の探査や,高所にある設備の定期点検を飛行ロボット(ドローン)で行うための技術を開発しています.球殻で守られたぶつかっても落ちないドローンや,構造物に吸着し長時間の定点作業ができるドローンなどがその一例です.

ぶつかっても落ちないドローン(球殻ヘリ)の研究

入り組んだ環境では気流が乱れるためドローンの飛行は安定しにくくなります。またプロペラが周囲の物にぶつかって壊れると飛行できなくなってしまうため、見たい対象物にギリギリまで近づくことができません。この問題を解決するため、逆転の発想で、球殻で守られたぶつかっても落ちないドローンを開発しています。球殻は内側のドローン本体と独立に回転するため、ぶつかった際は球殻のみが回転し本体はバランスを保ったまま飛行を続けることができます。また、球殻をタイヤのように使い、壁や天井といった点検対象の表面を転がりながら接写映像を撮ることができます。

水谷将馬,岡田佳都,柳村一成,矢野浩史,大野和則,田所諭,“汎用的な設計法に基づく受動回転球殻UAVの開発,” 第15回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会, 東京都,2014

水谷将馬,大野和則,柳村一成,岡田佳都,竹内栄二朗,田所諭,“錯雑した構造体中での飛行が可能な回転球殻を有するクアッドロータ,”日本機械学会 ロボット工学・メカトロニクス講演会 2014,富山県,2014

構造物に吸着し長時間働けるドローン(吸着ヘリ)の研究

ドローンには臨時の通信中継や定点観測など、上空に長時間とどまるミッションが期待されます。しかしその一方で、ドローンは大量の空気をプロペラで吹き下ろす反動で浮上するため、飛行のために莫大な電力を消費し長時間飛び続けることができません。この問題を解決するため、金属構造物に磁力で吸着することで長時間上空にとどまることのできるドローンを開発しています。吸着後はプロペラを停止できるため、中継器や観測カメラの作動以外にはバッテリの電力をほとんど消費しません(プロペラ停止後もワイヤを繰り出して蜘蛛のように上下方向の位置調整ができます)。そのため同サイズのドローンの飛行時間が最大でも30分程度なのに対し、このドローンは数時間にわたって定点ミッションが可能です。

K. Yanagimura, K. Ohno, Y. Okada, E. Takeuchi, S. Tadokoro, “Hovering of MAV by Using Magnetic Adhesion and Winch Mechanisms,” Proc. of the 2014 IEEE Intl. Conf. on Robotics and Automation (ICRA 2014), Hong Kong, China, 2014

柳村一成,大野和則,岡田佳都,水谷将馬,矢野浩史,田所諭,“スパイダーコプタ:複数の吸着機構を有するマルチコプタ,”第15回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会, 東京都,2014

柳村一成,大野和則,岡田佳都,水谷将馬,矢野浩史,田所諭,“吸着巻取り機構を有するマルチコプタの開発,” 計測自動制御学会 東北支部50周年記念学術講演会,宮城県,2014

柳村一成,大野和則,岡田佳都,水谷将馬,竹内栄二朗,田所諭,“吸着機構を搭載したMAVの吸着性能の評価,” 日本機械学会 ロボット工学・メカトロニクス講演会 2014,富山県,2014

球殻ヘリと吸着ヘリの組み合わせによるインフラ点検の研究

上空の狭い場所に進入できる球殻ヘリと長時間の通信中継ができる吸着ヘリを組み合わせ,橋梁の定期点検を行う技術を企業と共同で開発しています.数年後の実用化を目指し,屋外の強風に対応できる飛行能力の強化や信頼性の向上,カメラや打音ハンマなどの点検装置の開発,球殻が写り込んだ画像を見やすくする画像処理技術,点検員から見通しのない環境での遠隔操縦など,多岐にわたるテーマに取り組んでいます.現在,橋梁の定期点検は人間が時間とお金をかけて足場を組んで実施していますが,足場不要のドローンの活用により時間とコストを大幅に節約できると考えています.

小浦慧視,岡田佳都,Carl John O. Salaan,大野和則,田所諭,“吸着力を調整できる永電磁式小型軽量吸着機構の開発とマルチコプタ搭載評価,” 第21回ロボティクスシンポジア講演予稿集,長崎県,2016

S.Mizutani, Y.Okada, C.J.Salaan, T.Ishii, K.Ohno, S.Tadokoro, “Proposal and Experimental Validation of a Design Strategy for a UAV with a Passive Rotating Spherical Shell,” the 2015 IEEE/RSJ Intl. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS2015), Hamburg, Germany, 2015

岡田佳都,岡谷貴之,”橋梁点検を代替するための受動回転球殻を有するマルチコプターの開発と実橋梁における点検性能評価,”日本ロボット学会誌 Vol.34 No. 2,(一社)日本ロボット学会,2015

岡田佳都,石井拓麻,C.J.Salaan,大野和則,田所諭,“飛行ロボットによる橋梁近接目視点検のためのカメラシステムの開発と実用性能の定量評価,” 第16回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会, 東京都,2015

石井拓麻,岡田佳都,大野和則,田所諭,“飛行体の機上カメラを用いた受動回転球殻の状態推定に関する研究,”日本機械学会 ロボット工学・メカトロニクス講演会 2015,京都府,2015

小浦慧視,岡田佳都,大野和則,田所諭,“永久磁石と電磁石を併用したマルチコプター用吸着装置の単体性能評価,”日本機械学会 ロボット工学・メカトロニクス講演会 2015,京都府,2015



地上ロボットと自律ドローンの連携による被災建造物探査の研究

地上ロボットと飛行ロボットがお互いの特長を活かしながら連携して被災建造物を探査するための技術を,企業や海外の大学と共同で開発しました.この方式では,ヘリポートを搭載した地上ロボットが,ドローンを運搬しながら探査を行います.地上ロボットが乗り越えられない大きさ障害物の先はドローンが地上ロボットから飛び立って与えられたルートを自律的に飛行し探査を行います.探査を終えたドローンはヘリポート上で充電されるため一つの探査ミッションの中で繰り返し使用できます.踏破性に限界はあるが長時間活動できる地上ロボットと,悪路に関係なく移動できるが活動時間の短いドローンをうまく組み合わせた研究です.

関連ニュース

2018/10/04 ImPACT TRC 第6回公開フィールド評価会 ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ第7回フィールド評価会(田所 諭 PM)が行われます。                                                    
[Tags]レスキューロボット 触覚 飛行ロボット 能動スコープカメラ サイバー救助犬 ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2018/07/31 オープンキャンパス2018 2018年7月31日,8月1日に東北大学でオープンキャンパスが開催されます. 工学部のオープンキャンパスについて,詳しくは下記をご覧ください. http://www.eng.tohoku.ac.jp/
[Tags]レスキューロボット 次世代移動体 環境認識 触覚 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ サイバー救助犬 電気自動車 ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2018/06/27 車型球殻ドローン 報道 当研究室の研究成果である車型球殻ドローンが日刊工業新聞に取り上げられました.                                                              
[Tags]飛行ロボット メカニズム 詳細はこちら
2018/06/22 ROBOMECH2018にて発表を行いました。 2018年6月2日-5日に福岡県北九州市で開催されたロボティクス・メカトロニクス講演会2018(ROBOMECH2018)にて、当研究室が発表を行いました。                      
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 能動スコープカメラ サイバー救助犬 ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2018/06/07 SCI'18にて発表を行いました 2018年5月16-18日に京都で開催されたSCI'18にて,当研究室の田所諭教授,昆陽雅司准教授,大野和則准教授,安部祐一助教,高根英里,藤田政宏,山内悠,加美聡哲が発表を行いました.       
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 能動スコープカメラ サイバー救助犬 ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2018/05/31 空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」(世界初) プレスリリース 5月30日に空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」に関するプレスリリースが行われました。                                                  
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 能動スコープカメラ ImPACT 詳細はこちら
2018/05/31 ImPACT TRC 第6回公開フィールド評価会 ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ第6回フィールド評価会(田所 諭 PM)が行われます。                                                    
[Tags]レスキューロボット 触覚 飛行ロボット 能動スコープカメラ サイバー救助犬 ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2018/01/04 SII2017発表 12月11-14日に台湾で行われた国際学会SII2017にて当研究室が発表を行いました. 発表者と発表題目は以下の通りです.                                      
[Tags]レスキューロボット 触覚 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ メカニズム 詳細はこちら
2017/11/27 レスキュードローン 当研究室の田所教授,大野准教授,岡田助教が関係する,ドローンを活用した山岳遭難者捜索支援システムの共同研究につきまして,神戸新聞に掲載されました.                           
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 詳細はこちら
2017/08/09 第46回全国消防救助技術大会出展 下記日時・場所で行われる第46回全国消防救助技術大会の「防災減災学びのエリア」において、当研究室が展示を行います。 展示内容は、サイバー救助犬、球殻ヘリ、能動スコープカメラ(空気浮上ASC)、Quin
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ サイバー救助犬 詳細はこちら
2017/08/08 当研究室の研究成果である球殻ヘリに関する記事が,国立科学博物館刊行雑誌『milsil(ミルシル)』に掲載されました. ”落ちないドローンを開発” 国立科学博物館発行 mlisi
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 詳細はこちら
2017/07/19 2017年5月29日~6月3日にシンガポールにて開催されたICRA2017(http://www.icra2017.org/)において,当研究室のDaniel Gongora, 山本知生, Carl
[Tags]レスキューロボット 触覚 飛行ロボット 能動スコープカメラ ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2017/05/30 球殻ドローンを用いた橋梁点検の実証実験を行いました 未来科学技術共同研究センター大野和則准教授が代表を務める研究グループがプレスリリースを行いました。 「東北次世代移動体システム技術実証コンソーシアム」の取り組みの一つとして仙台市と協力し、カメラを搭載
[Tags]次世代移動体 飛行ロボット 詳細はこちら
2017/05/24 Robomech2017に参加しました 5月11,12日に福島で開催されたROBOMECH2017に参加しました. 田所教授,多田隈准教授,永野特任助教,小松特任助教,濱田助教,安部特任助教,藤田政宏,飯塚将太,小澤将生,藤浪拓海,小島匠太
[Tags]レスキューロボット 次世代移動体 環境認識 触覚 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ サイバー救助犬 電気自動車 Vib-Touch運動サポート ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2017/04/05 リクルート未来辞典CAREERに掲載 当研究室の藤浪拓海がリクルート『スタディサプリ 未来辞典CAREER』の「大学生の学び方」のコーナーで紹介されました.
[Tags]飛行ロボット 詳細はこちら
2017/03/22 ロボシンに参加しました 2017年3月15日~16日に,群馬県安中市で開催された,第22回ロボティクスシンポジアにて,当研究室の岡田佳都,山本知生,小島匠太朗が発表しました. 発表題目は以下の通りです. 岡田『受動回転球殻U
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット Quince ImPACT 詳細はこちら
2016/12/22 SI2016 2016年12月15-17日に札幌で開催されたSI2016にて,当研究室の小松洋音(特任助教),安部祐一(産学連携研究員),安藤久人,山本知生,船水貴仁,小島匠太朗,石井拓麻,市村友哉,神尾柊太,高
[Tags]レスキューロボット 次世代移動体 触覚 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ 電気自動車 ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2016/12/22 第12回竸基弘賞2016年レスキュー工学奨励賞 第12回竸基弘賞2016年レスキュー工学奨励賞(2016年12月15-17日に札幌で開催されたSI2016内で発表)にて,当研究室の安藤久人,神尾柊太,小澤将生が最終候補に選出されました.
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 能動スコープカメラ 詳細はこちら
2016/11/04 SSRR2016 2016年10月23-27日にスイスLausanne, EPFLにて開催されたSSRR2016にて,当研究室の安部祐一,藤浪拓海,高根英里,藤田政宏が発表しました. 発表題目は以下の通りです. 安部
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 能動スコープカメラ ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2016/10/19 IROS2016 2016年10月9-14日に韓国Daejeonにて開催されたIROS2016にて,当研究室のThomas Westfechtel,船水貴仁,小島匠太郎,Carl John Salaan,市村友哉,石井
[Tags]レスキューロボット 触覚 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ Vib-Touch ImPACT メカニズム 詳細はこちら
2016/09/23 埼玉県議会様視察 9月12日(月)、大野准教授、岡田助教、濱田研究員、田所研究室学生が埼玉県議会「危機管理・大規模災害対策特別委員会」様にQuince、ASC、球殻ヘリ、サイバー救助犬のデモンストレーションを行いました
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ サイバー救助犬 詳細はこちら
2016/08/03 精密工学会講演 8月2日、精密工学会の定例研究会にて大野准教授が以下の時間、題目で講演を行いました。 11:00−11:40 ロボット技術を用いた災害現場や老朽インフラの情報収集 講演会プログラム:
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット 詳細はこちら
2016/07/15 RoboCup 世界大会 6月30日~7月4日にドイツ・ライプツィヒでRoboCup2016世界大会が開催され、Rescueリーグに岡田助教,藤浪,小澤,大橋のチームが参加しました。(http://www.robocup201
[Tags]飛行ロボット 詳細はこちら
2016/06/27 ROBOMECH2016に参加しました 6月9,10日に横浜で開催されたROBOMECH2016に参加しました. 大野准教授,多田隈准教授,永野助教,山口,山本,市村,Gu,Daniel,Dennis,神尾,安藤,高根,加藤,船水,竹之内,
[Tags]レスキューロボット 次世代移動体 環境認識 触覚 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ サイバー救助犬 電気自動車 Vib-Touch 詳細はこちら
2016/05/25 ImPACT-TRC第2回フィールド評価会 下記の日程・場所でImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ第2回フィールド評価会(田所 諭 PM)が行われます。一般の方も申し込み頂ければ見学参加が可能ですので、ぜひお越しください。申し込みは以下の
[Tags]レスキューロボット 触覚 飛行ロボット 能動スコープカメラ サイバー救助犬 ImPACT 詳細はこちら
2016/04/26 TBCテレビ「Nスタみやぎ」での放送 4月25日放送のTBCテレビ「Nスタみやぎ」で,当研究室の球殻ヘリとQuinceについて放送されました.
[Tags]レスキューロボット 飛行ロボット Quince 詳細はこちら
2015/12/16 SII2015・SI2015 12月11日~13日に開催されたSII2015にて当研究室のDennis Babuが発表しました. また,14日~16日に開催されたSI2015では,当研究室の多田隈准教授,坂田,牧角,高野,石井,市
[Tags]レスキューロボット 環境認識 触覚 飛行ロボット Quince 能動スコープカメラ 詳細はこちら
2015/12/03 日経産業新聞に当研究室の球殻ヘリを用いたインフラ点検の記事が掲載されました 2015年12月3日の日経産業新聞に,当研究室の球殻ヘリを用いたインフラ点検の記事が掲載されました.
[Tags]飛行ロボット 詳細はこちら
2015/12/01 日刊工業新聞に当研究室の球殻ヘリを用いたインフラ点検の記事が掲載されました 2015年12月1日付けの日刊工業新聞に当研究室の球殻ヘリを用いたインフラ点検の記事が掲載されました.
[Tags]飛行ロボット 詳細はこちら
2015/11/18 回転受動球殻ヘリによるインフラ点検がNHK NEWS WEBに掲載されました 11月16日に茨城県那珂市で行われた回転受動球殻ヘリによるインフラ点検が,NHK NEWS WEBに掲されました. ニュース記事は以下をご覧ください. http://www3.nhk.or.jp/ne
[Tags]飛行ロボット 詳細はこちら