学生募集

田所研究室は、他大学からの進学者を歓迎します

受験希望者はコチラにご連絡ください:staff (at) rm.is.tohoku.ac.jp

当研究室では、これまで多くの他大学・高専専攻科からの入学生を受け入れています。試験情報・学生生活・就職先・研究内容・経済的事項などに関しては、気軽にお問い合わせください。
受験を希望される場合、事前の見学・面談をお勧めしています。今年は5月、6月頃にその機会を設ける予定ですので、希望者はお名前とご所属を記載の上、スタッフ宛に参加の旨をお知らせください。日程が決まり次第、希望者に案内をお送りします。
(最終更新日 2020年3月18日)

田所研究室は情報科学研究科であり、工学部機械・知能系にも属しています

田所研究室は情報科学研究科応用情報科学専攻に属しています。同時に、学部・研究科を越えた枠組として、工学部機械知能系ロボティクスコースに属しています。機械知能系は「機械系なら東北大」と言われる程、活発な集団です。研究室は機械系にあり,就職に関しても機械系の学生と同じ扱いですので,学生にとっては実質,機械系と考えていただいても結構です.機械系集団への参加を心待ちにしております。

 

入学試験は情報科学研究科に願書を提出し、試験は機械・知能系または電気・情報系が実施します 

入学願書・過去の試験問題等は情報科学研究科(入試案内)から、入手してください。試験科目は、機械・知能系群(3群)の科目を推奨しておりますが、情報・生命系群(2群)の科目で受験することも可能です。なお、情報科学研究科は秋期(8月末)と春期(2月末〜3月初旬)の2回入学試験があります。

  • 機械・知能系群(3群)の場合は、工学研究科機械・知能系と同じ試験科目になります。入試科目は、数学A、数学Bと、専門科目(熱力学,流体力学,材料力学,機械力学,制御工学から2科目選択)からなります。(機械・知能系入試情報
  • 情報・生命系群(2群)の場合は、工学研究科電気・情報系と同じ試験科目になります。入試科目は、基礎科目(電磁気学、電気回路、情報基礎、物理基礎、数学基礎などから2題)と専門科目(電気工学、通信工学、電子工学、計算機、物理専門などから2題)からなります。(電気・情報系入試情報
  • いずれの場合も、英語試験は無く、TOEICかTOEFLのスコア(入学試験実施日から遡って2年以内)を提出します。入学願書の提出(秋期:7月中旬、春期:1月初旬)に間に合うように、早めに英語の試験を受験しておく必要があります。
 

経済支援についてはご相談ください

大学院生の経済的サポートについては、メールでご相談ください。 当研究室の多くの学生が、TA (Teaching Assitant)、RA (Research Assistant)、 奨学金などによって支援を受けながら学業と研究を行っています。また、研究科の制度として、授業料の納付免除・軽減の仕組も利用できます。

 

就職先例

推薦制度は工学部機械知能系の学生と全く同じ扱いになります(機械知能系・産学連携推進室).

これまでに、田所研究室出身の学生は主に次のような企業に就職しています。(50音順) アイシン・エィ・ダブリュ株式会社, オークマ株式会社, 沖電気工業株式会社, オムロン株式会社, 関西電力株式会社, キヤノン株式会社, 株式会社小松製作所, JFEスチール株式会社, シャープ株式会社, セイコーエプソン株式会社, ソニー株式会社, 株式会社デンソー, 株式会社東芝, 東北パイオニア株式会社, 東レ株式会社, 凸版印刷株式会社, トヨタ自動車株式会社, 株式会社豊田自動織機, 日立建機株式会社, 日本放送協会, ファナック株式会社, 富士通株式会社, 三菱電機株式会社。